業界初、「LOCKED」がSSO/自動設定/台帳の一元管理ソリューションを提供 新機能「棚卸台帳」を9月16日より提供開始

SaaSの統制プラットフォーム「LOCKED」を提供する株式会社onetap(本社 東京都千代田区、代表取締役 武田 義基)は、SaaSのアカウント管理やID棚卸に関する課題を解決する機能「棚卸台帳」を9月16日(金)より提供開始いたします。

「LOCKED」はSSO/自動設定/台帳と組み合わせて一元管理できる業界初のソリューションとなり、企業のSaaSにまつわる管理統制の課題を包括的に解決します。また、本日2022年8月23日(火)より2022年12月31日(水)まで「棚卸台帳」導入応援キャンペーンを実施、お申し込み頂いた企業様には、お得な条件でご提供させて頂きます。
お申込みフォーム: https://share.hsforms.com/1ZmtHGp53QcON1vWNQFcC1A4x27a

企業においてSaaSの利用は急増しており、それに伴う社員や協力会社など外部パートナーのID管理業務は煩雑さを増しています。今回提供を開始する新機能「棚卸台帳」は、SaaSに関する最もコアで煩雑な資産であるIDの管理台帳として、手間や漏れを大きく削減することが可能です。

特に社員の入退社や異動、外部パートナーの変更などで生じるIDの作成、変更、削除といったID棚卸の工数は拡大しており、情報システム部門や総務などの担当者にとって大きな負担となっています。当社の試算では、「棚卸台帳」の提供によりID棚卸工数を約50%削減※1できるものと見込んでいます。


■棚卸台帳の概要
各SaaSからAPIやCSV等を経由して取り込まれるアカウント情報を、即座に名寄せし、棚卸台帳を自動生成します。(システム的な名寄せは、氏名/従業員番号/メールアドレスのローカルパートなど、様々な項目で実現が可能です。システム的に名寄せできない部分に関しては、手動で名寄せして頂く必要があります。)

「ActiveDirectoryや人事労務SaaSには登録されていないが、アカウントが発行されている協力会社など外部パートナーのIDや非正規雇用の方へ発行しているアカウント」「人事系SaaSには登録されていないが、営業系SaaSには登録されている人」も一元的に整理することが出来るので、利用の過程でアカウントマスタを自動で生成することが可能です。
また、アカウント情報に合わせてライセンスも管理一元的にする管理できます。

■棚卸台帳に関する3つの特長
1. リアルタイム性と時限的な記録の両立
「LOCKED」シリーズで提供されるワークフローの結果を即時で反映します。また、様々なシステムから自動で最新のアカウント情報を取得することが出来ます。

2. 運用工数を50%削減※1する名寄せルール
手動での名寄せは勿論、「営業系SaaSのAはID」、「人事系SaaSのBは社員番号」など複数の項目を組み合わせてシステム的に名寄せを実現します。これにより棚卸台帳を運用する上で煩雑な作業工数を50%削減します。また名寄せの過程で「人事系SaaSの氏名を分割し、姓名としてあつかう」など大きな柔軟性を実現しています。

3. ライセンスも含めた、柔軟な集計とエクスポート
各SaaSの様々な項目を組み合わせて集計することが可能です。SaaSや特定の部門に絞ってエクスポートすることで、監査対応に関するオペレーションの工数も大幅に削減することが出来ます。契約に関する情報も含めて整理ができます。

■企業におけるID棚卸工数の増加
システムによる効率化に積極的に取り組まれている500名前後の企業様では、1社あたり30個程度のシステム(SaaSのみならず、オンプレミスも含む)を利用していることも少なくありません。
このような企業の場合、専任担当2~3名程度で、半年または四半期ごとに大量のIDを棚卸しされているのが通常です。実際の企業様の事例では1度の棚卸しに2週間程度の作業工数となっていました。
特に昨今では、SaaSの企業での利用は拡大しており、特定部門でのみ運用するシステム(例:営業部で利用するSalesforce、人事部で利用するSmartHR等)も増えています。これらのシステムは全体のID棚卸を実施する情報システム部門からの目が離れていることも少なくありません。
このように煩雑なID棚卸は、膨大な作業工数を要する場合があります。

※試算の詳細などは記事をご確認ください。
https://www.excite.co.jp/news/article/Prtimes_2022-08-25-39565-50/
https://officenomikata.jp/news/14284/

株式会社onetapについて
株式会社onetapは、SaaSの浸透と共に煩雑化する管理統制の課題を解決するLOCKEDプラットフォームを提供しています。SSO/自動設定/台帳を一元的に提供する業界初のソリューションとして、企業のクラウド化/DX推進を支援します。
弊社はZホールディングスt及びマネックスグループのベンチャーキャピタルなど、複数の投資ファンドから累計約2億円を調達しており、SaaSの管理統制プラットフォーム「LOCKED」の企画・開発・運営を行っております。



上記の内容を踏まえ、個別にご相談やご説明を希望の方は下記よりご予約ください。

営業担当と話す

2022年8月23日
株式会社onetap